人気ブログランキング |
ブログトップ

sproutおぼえがき

msprout.exblog.jp

のど痛と眠気

4月16日 火曜日
晴れ 暖かい


昨夜はふとんに入ったとたん、目覚ましもセットせずに眠ったらしい。
目が覚めたとき、手に開いた携帯を持ったままだった。
目覚ましをセットしようとしてそのまま力つきた様子がうかがえる。

実は昨日の叔父の見舞いでだいぶぐったりしたのだった。

朝起きたら喉がイガイガとして、うっすら頭痛もある。
わかりやすい。そして弱い!!
申し訳ないが約束もキャンセルして、家でおとなしくしていることにした。

眠気も異常で、本格的にふとんから出る前にいくども寝落ちしてしまう。
夢の中に同じイメージがくりかえし表れる。
それは、お弁当箱に入れるような銀紙のちいさいカップで、そのなかにとろりとした液体が流し込まれる。それがいっぱいになるごとに、幕が下りるように眠くなって寝てしまうのである。

夢というからにはその時点でもう寝てるのに、夢の中でさらに眠くなってしまうという…どれほどの眠さかご理解いただけるってものである。

業を煮やしたねこが障子の桟をばりばりとやりだしたのでようやく起きる。
ねこはこれをやると、わたしが止めようとして起きるとわかってやっている。
ちょございな…。
もっというとこのねこは最近、気に入らないことがあるとその場にドタッと寝転んで強情をはるという技も見出した。
玄関を開けるのであっちにいってもらおうとするときなど、ものを買ってもらえない子どもが売り場の前で寝転んで、てこでもうごかないぞ、とやる、それと全く同じようなことをする。
だれに習ったのだろうか。
仕方ないので持ち上げると、案外だまって運ばれて、そのあと背を向けて不満そうにしている。
か、かわいい。
って結局なってしまうところが完全にねこの術中内である。おそろしいねこ!

寝ているほど具合が悪くはないので、小さな用事をすませたあとは、途中にしていた「田崎つくる」を読んだ。
とても端正で、よく書けていて、村上春樹の要素のぜんぶがあるけれど、日々のエクササイズとしてこつこつと書いたもの、という以上のものではないような気がする。
by titypusprout | 2013-04-16 23:36 | Comments(0)
<< ヤモリの季節到来 叔父に会いに >>