ブログトップ

sproutおぼえがき

msprout.exblog.jp

佐々木マキ見本帖

4月25日 木曜日
晴れ やっと5月らしい気温


銀行に行く用事があったので、ついでに吉祥寺に出て佐々木マキ展を見た。

「佐々木マキ見本帖」  吉祥寺美術館
f0276902_9325251.jpg


ものすごくよかったー。

原画はやっぱり、ぜんぜん、ぜんっぜん違う。
今までだって本で見ていて大好きだったけれど、印刷じゃわからなかった佐々木マキの線を初めて見た。

線も色も本当にていねいで緻密に描かれている。
均一で、ほんのわずか震えるペンの線から、息をつめて一本一本線を入れていく緊張感や、微かなぷつぷつぷつ…というペン先の音まで伝わってくる気がした。

ムッシュ・ムニエルの元になったような、ガロ連載の「ピクルズ街異聞」。
「やっぱりおおかみ」のメリーゴーランド。
そして佐々木マキの絵といえば、歩道の給水栓と排水溝、寂れて夢に沈んだようなアメリカの街。

心の中で、「いいねえ!いいいいいいね!」とひとり絶叫しながら静かに見ました。

たったの100円なのもすばらしい。
展示は5/18から入れ替えがあるそうなので、また見に行きたい。


帰りにブックスルーエで買った本

「おかしなジパング図板帖」 宮田珠己  PIE
「マリッジ・プロット」 ジェフリー・ユージェニデス  早川書房
「重版出来!」 松田奈緒子  小学館(ビッグコミックス)

在庫がなかった本を2冊注文した。

本棚を少し見ないでいると、あっという間にスキミング能力がおとろえて、目に入ってくる情報が脳に届くまでに時間がかかるようになり、そうなると目がすべって、ぜんぜん本が探せない。
by titypusprout | 2013-04-25 23:59 | Comments(0)
<< 中村好文展 失業保険説明会 >>