人気ブログランキング |
ブログトップ

sproutおぼえがき

msprout.exblog.jp

太平楽の日々

6月13日 木曜日
雨 涼しい



ようやく梅雨らしい天気。

夏の講習に行けることになり、ほっとしたと同時に、思いがけず不安な日々がやってきた。
こんな気持ちになるとは、自分でも発見だ。
講習の始まる7月末までの約1ヶ月間の空白。宙ぶらりんの日々。

わーい無職!なんて言ってはいても、実際のところそんなご身分でいられるわけがない。
今までは、講習に行けるか行けないか、行けるとすればどこにどのくらい行くのか、そういう短い未来のことだけを考えていられたのが、急にはしごを外された感じ、というわけなんだろう。

仕事を辞めるとき、結婚してて子どももいないとお金の心配しなくていいし、のんびりできていいよねー、なんて風に言う人もいて、それは「今、ナウ」ってことで見れば返す言葉もございませんだし、自分もそう言われりゃ同意してたし。
でもじつはそれぞれに事情っていうものもあって(そんなの言う必要もないけど)、オットは外国人だし、ってことは年金とか全然頼れない感じだし、ついでにいうと歳が15離れてるから、当然定年後は私が稼ぐわけで、そんとき私は45歳か。…すぐじゃん。

茫漠としていた(しといた)未来の視界が急に晴れて、それがまったく楽観視できないうえにほぼ自分の肩にかかってて、しかもそんなに遠い未来じゃないぞと、正直うっかりすると飢え死に、なくない、と、
そういうのが見えてしまって、見えているのに今は動けない。

自分で選んだことだけど。

講習が始まれば目の前の勉強のことで頭がいっぱいになり、それが終われば現実に仕事探しが始まる。

その前の、自由で身動きがとれない1ヶ月。
時間があって、ぬるま湯で、甘やかされているからいろいろなことを考える。
ほんとは、明日になにがあるかなんてだれにもわからない。


でも、めぐちゃんはお気楽、
そういう風に思われていたい。
それの半分は、ほんとう。
by titypusprout | 2013-06-13 13:31 | Comments(3)
Commented by マツモト at 2013-06-13 22:28 x
明日の予定が決まってるのは安心だけど、1ヶ月後の予定がガッチリだと不安、っていうの、あるよね。
自分で決めたことだし、別にすごくイヤじゃないけど、選択肢に敵前逃亡やドタキャンもありだと思ってたいっていうか。

予定に拘束されたくないのかなあ。
自分が本格的な旅行の計画が立てられないの、それが大きいかも。
キャンセルしたくなっちゃうんだよねー。
行けば楽しいし、そもそもキャンセルもしないんだけどね。

命に別状はなくて、手術をするしないは微妙、患者が最終的に決める系の手術の前に医者は必ず「前日に『やっぱりやーめた』と言ってもいいんですからね」って言うんだけど、それって大事。

たとえドタキャンしなくても、しちゃいけないっていうのと、しても別にいいらしいぜというのでは雲泥の差があると思う。

お気楽をやるためには企業努力を惜しまない。
この場合の企業努力は「詮無いぐらいなことをいろいろ考える」ってことかも。

長々と失礼しました。
Commented at 2013-06-13 22:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by titypusprout at 2013-06-14 23:17
マツモトさま
わかる!キャンセルしたくなっちゃう気持ち。
前から約束してて楽しみにしてたこととかも、その日になると理由なくなんか行きたくなくなくなったりする。

講習はぜんぜん行きたくないわけじゃなく、むしろちょっと楽しみだったりもするんだけど、もうこれでこの先の予定(終了後の職探し、その後の再びの仕事生活含め)決まったなー、と思ってそこにおののいているのかも。

そして、ここのとこ多少ネガティブになっていて、あたしだっていろいろあるのよ、と言いたかっただけかも!子どもか!!

講習は7月30日が初日です。だから7月は空いてます!遊んで〜。
<< 記憶のえほん 築地のち猫 >>