ブログトップ

sproutおぼえがき

msprout.exblog.jp

洗濯機がグレた

7月10日 水曜日
晴れ  暑い



今日、ひさしぶりに昼間外に出たら、自転車で駅まで行く途中ですでに行き倒れそうになった。
なんなんだ。暑すぎる!

これがもはや日本の夏のスタンダードだというのなら、風通しの悪いクーラーのない学校や、真っ昼間の体育の授業や、部活や、サラリーマンの営業活動や、往来でのビラ配り、ぜんぶぜんぶ禁止である。
もう気合いで乗り切れるような日本ではないんである。

洗濯機がもう本当に寿命なので、電気屋に見に行った。
ちょっと前から、うちの洗濯機は脱水の前になるとエラー音をならして止まる。見に行くと、コース設定がいつの間にか「ナイト」になっている。
ふたをあけて、また閉じてやるとしぶしぶ元の設定にもどって動き出す。
ここ数日はこれを何度もくりかえし、そのたびに飛んでってふたをちょっと開けてやるという茶番を…。うざい!!思春期か!!
いざ脱水を始める前にも、実際に数センチもずれるくらいはげしくガンガンと体を揺らしてから始める。もう積み木くずし、家庭内暴力…。

洗濯機売り場は本当にピンからキリまで、おなじ容量で値段に20万くらいの幅が平気であるので驚いた。
わたしはもちろんキリを選ぶ。
でもってお風呂の水をくみあげる性能のあるやつがいいー。今日は買わなかったけど、もう買うやつは決めた。


暑い暑いと書いたが、家にいるかぎり今のところエアコンは使わずにすんでいる。
うちは古い木造なので、冬はことのほか寒く、そのかわり夏は涼しい。昼間は夏の直射日光の入ってこない1階にいて、夜には風が通って涼しくなる2階で寝る。
エアコンは1階のキッチンにだけつけた。
数年前、めちゃくちゃ暑い夏のときに、もう死ぬ!!と訴えて買ったのだが(オットはエアコン嫌い)、それ以来2、3度しか使っていない。命の網にしちゃずいぶん高い買い物になった。
千駄木にいたころは、住んでいた4階が界隈で一番高かったから、上空の風がぜんぶうちを通って抜けて、エアコンなど必要なかった。

この辺は、畑や民家の庭木などのおかげで、都心で36度とか言っていてもたぶんもう少し涼しい。
だから暑くない…わけではないんだが、扇風機をまわしているとなんとなくそれですんでしまう。
うまく言えないけど「汗をかく」ことと「暑い」ことがどうも自分のなかで直結していないような気がするのだった。空気が動いていると、あまり苦しくない。
とかなんとか言っているが、本当はエアコンをつけるタイミングが見つからないだけだと思う。

しかしそれも、外に出なければの話である。
直射日光にはめっぽう弱く、炎天下をちょっと歩くだけですぐにバテてしまう。
眩しさ、熱線で目がやられるのがダメらしい。
暑さそのものはけっこう平気で、頭さえガードしていれば日陰を見つけて歩くのは苦にならない。

川など行って、足をひたして夏らしくしたい。
そういえば、今年はまだ蝉の声を聞いていない。
梅雨が早く終わりすぎたから、彼らも準備がまにあわない。
by titypusprout | 2013-07-11 00:07 | Comments(0)
<< ねこのワクチン ボタニカル・ライフ >>