人気ブログランキング |
ブログトップ

sproutおぼえがき

msprout.exblog.jp

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シロアリチェック

6月25日 水曜日


シロアリチェチェックの人が家に来る。

この家に引っ越してくるときに予防をしてもらって、早、5年。
5年!

おじさんとおにいさんの2人組がやってきて、てきぱきと床下収納まわりの養生をしてもぐっていく。
そのあいだ所在がなくて、少し離れたところに座って浅生ハルミン著『三時のわたし』を読んでいた。

6月25日の日記は、「なまくら猫が飼い主にもたらす僥倖について」。
ねこが、足のあいだをさわーっとなでていく絵が書かれている。
暑い日に裸の足にねこがこれをすると、ふくらはぎにねこの毛がいっぱい付くんだったな、という感触を思い出す。

こんな状況で読むのにこれほどふさわしい本もないなあ、と思って、8月8日まで読んだところでチェックが済んだようだったので本を閉じた。
8月8日の日記では、2階の窓の隙間から白い猫が屋根に出てきてねそべっている。



もぐっていたほうのおにいさんが、床下で撮ってきた写真をテレビにつないで見せてくれた。
家の下の秘密が画面いっぱいに暴きだされて、ふだん見ることのない家の裏側は面白いけれどなんだか恥ずかしい。
激写!生撮り!!とって出し!!的な……(なんのこっちゃ)



おにいさんはちょっとこのひと大丈夫かな…とカクッとなるほど慎重に言葉を選んで話す。
基礎のワレや、湿気の多い箇所、以前の工事の際に放置された木片などもひとつひとつ丁寧に教えてくれる。

どんどん写真を見ていく。
すると、床下の地面からたくさん芽か蔓のようなものが生えている写真が何枚も映し出された。
おにいさんはしばらくそれをじっと見つめて、
「新しい生命が誕生していました。」
と厳かに告げた。

またある一枚には、通風口の前に白いロープのようなぐるぐるとたぐまったものがうつっている。
その正体についておにいさんは、「これは、ヘビの抜け殻です。」とまるで理科の先生か自然観察員さんが「こちらのスライドをご覧ください」とでも言っているような冷静さで教えてくれた。

最後になってまた、陽がささないのでひょろひょろとやけに徒長した例の植物の写真が映されると、
「これは、目の前にまた植物があったので、撮りました。」
と言い、「以上です。」と報告を締めくくった。趣味なのか。



いちばん大事なことでいうと、第一に、シロアリはいなかった。
しかしもんだいはカビなのだということだった。

見積もりを出してもらう。
カビ対策をプラスすると思っていた以上にかかるが、マストの部分とベターな部分をちゃんと教えてくれるのがいいと思った。
これは数年後でも間に合う、これは様子見でいい、など。

それに、おにいさんのようなタイプの人に対して、いらいらとじれたような態度をとる現場の先輩というのがよくいるけれど、おじさんはそういうところがまったくなく、むしろ口が立つほうの人だと思うのに、おにいさんにいささか長過ぎる沈黙(長考)が発生したときのみ補足として口をはさむというスタンスをずっと保っているのがすごく好感が持てた。

数日中に返事をします、と約束して、2人組は帰っていった。



話を『三時のわたし』に戻すと、もし無人島に本を持っていくなら、この本がいいと思う。
なぜなら、読んで面白いだけでなく、自分でも無性に日記を書きたくなるので(というわけでこうして20日ぶりに日記を書いているし)、この本を読む時間、日記を書く時間、書いた日記を読む時間、と時間が3倍にも増えるという夢のようなことになるはずだからだ。
そして、さまざまなものを見る自分の視点を、ちょっと変えてくれるだろう。


f0276902_052622.jpg

『三時のわたし』
浅生ハルミン/著
本の雑誌社
2011/8
ISBN: 9784860112202


それから、今日はオットの誕生日。
レアチーズケーキを買って食べた。
買いに行ったケーキ屋には、開店12周年記念と書いてあって、セールをしていた。
偶然にも同じ誕生日のケーキ屋でバースデーケーキを買うなんて愉快だ。
by titypusprout | 2014-06-26 00:06 | Comments(4)

イメージの力

6月9日 月曜日
曇りのちまた雨  蒸し暑い



今日までだった『イメージの力 ー国立民族学博物館コレクションにさぐる』(国立新美術館)にすべりこみで行ってきました。

入ってすぐ、3体の神像に圧倒される。
パプアニューギニア・イアトムル族 神像付きの椅子「カワ・トゥギトゥ」。

貝と彩色で装飾された巨大な楕円の仮面に、等身大の黒い体。
曲がり角で異形のものとふいに出くわしてしまったような、ものすごい存在感で足が止まってしまったのは、この神が私たちと同じサイズの体を持っているからだと思った。

「椅子に座る神像」ではなく、あくまで"神像付きの"「椅子」というのが面白い。
横から見ると、椅子に軽く腰掛けたその足は、そのまま椅子の足でもあるのだった。

じっさい、この椅子には何者も座ることはない。
話し合いの際、この椅子は会議の場に置かれ、意見のあるものはこの椅子をはたきながら話す、とあった。
いわば正義の番人のような椅子(神様付き)なのだ。

大きくしゃくれた平たい横顔もなぜか気になり、離れがたくて最後にもう一度見に戻った。


同じくイアトムル族のかぶりもの型仮面。
森から来る、懐かしくて怖い、とても近いところにいるけれど、常ならば見てはいけない神様。
一番前におかれた、胸に土偶型の顔をもうひとつ持つ神様の目は、「お前は、なにもの?」と聞いてくる。
向かって一番左のかぶりものは、手の五本指まで編まれた精緻な仕様。
これを身につけたら、そのまま皮膚になるような一体感を感じるのだろうか。
大人になる儀礼の場で使用されるとのこと。

同じ部屋の、壁一面の仮面も圧巻。
神様、精霊、悪霊、鬼、そういうのをここで私はぜんぶ「神様」とよんでしまうけれど、そういったものを、形あらわすだけでなく、仮面(=神様に「成る」)という装置にしてしまう。
それはおそらくものすごく不遜な行為に違いないのに、そうせずにはいられない。いったいどうしてなんだろう。
神様をよりリアルに感じたいという「観客側」の心理は容易に理解できるのだが、今回、それを身に付ける側の、畏怖とたぶんそれゆえの「神様と同化したい」欲望の奔流みたいなものを初めて感じた。
そして、それが自分の内側の奥底にも眠っていて、わかる、わかる、と言っている気がした。

それは、私が人一倍こわがりだから、そんな風に思うのかもしれなかった。



あと面白いと思ったもの。

アボリジニの精霊「ミミ」の彫像
帰ってきて調べたら、
「ミミ」は荒れ地の岩の裂け目などに住んでいて、人間のかたちをしている。とても細く、骨がもろい。食べ物を求めて出てくるが、ヤムイモ、植物の根などのほかに、人間に会えば人間を食べることもある。骨が折れることを心配して、風の強い日には外に出ない。
と書いてあった。(http://www.jiten.info/dic/mimi.html より)
今思い出すと、ピンク色の細くて薄い像は、いかにも骨が折れるのを心配してそうだったな、と思って可笑しくなった。

ナイジェリア・ムムイェ族の精霊像「イアガランガナ」
いっこのび太に似ているやつがあった。

オーストラリア・ティウィ族の墓標「プカマニ・ポール」
一本の木を剥いで彩色してある。ところどころ、彩色のない部分がより細く皮を剥がれてくびれており、そのせいだと思うのだが、全体が皮膚のような生々しさがある。


その他、妙に心を惹かれたものがみなパプアニューギニアのものだったというのは不思議だった。

そういえば、乃木坂に行くのに原宿で山手線を降りたとき、ホーム向かいの神宮の森が、暴力的なまでに濃密な、緑の匂いを発散していた。
その森の気配をひきずったまま、展覧会を見た気がする。
パプアニューギニアの森はその何倍もすごいだろう。


そして忘れちゃいけない「オシラサマ」
オシラサマが好きだ。かわいらしくて、愛があって、ちょっと怖い。
今回オシラサマの後ろが見られてよかった。布のかさなり。



会期終了直前に気が付いて、間に合ってほんとうによかった。
by titypusprout | 2014-06-10 00:32 | Comments(0)

梅雨入りと誕生

6月6日 金曜日
雨  肌寒い


昨日、関東の梅雨入りと共に、古くからの友人Mちゃんが女児を出産した。

少し前から出産準備で実家に戻っているというので、ほんとうは今日会いにゆく予定だったのだが、昨日の朝9時過ぎに「陣痛はじまったー!」とメールがあり、12時半にもう生まれていた。

30代後半の初産。
スピードすぎる。

ちょうどその報告メールが届いたころ、私は高校時代の友人とお茶をのんでいた。
奇遇なことに、彼女もまた来月に出産を控えている身であったので、その出産速報に2人で絶句し、彼女はメールの画面を指でさすって、「ありがたいありがたい、あやかりたいあやかりたい、」と念を送っていた。

この年になって妊娠すると、まわりに経験者が多いのでさまざまな体験談を聞かされ、耳だけはすっかり年増になって、とりわけ、大変な体験をしたひとほど多くを語りたがり、またそういう人は何度も繰り返して語るうちにすっかり話術も巧みに練られて臨場感をもって聞こえるので、いろいろとあらぬ想像ばかりがふくらんで怖いのだと言っていた。

なのでこの衝撃のスピード出産話は彼女に多いに勇気を与えたようだった。


Mちゃんによると、去年の6月5日、私たちは会っていたらしい。
びっくりして去年の手帳を出してきてめくったら、本当に「Mちゃんと会う」と書いてあった。

その頃はまだ、赤ん坊は存在していなかったのだった。
いろんな一年がある。
by titypusprout | 2014-06-06 10:49 | Comments(0)